女性の副業|ナイトワーク

夜の街の様子
副業で人気といえば在宅ワークです。
しかしどれも低単価で、まとまったお金が欲しい人には適していません。

「副業でもまとまったお金がほしい」という女性にオススメなのがナイトワークのお仕事。
キャバクラやガールズバーでは平均時給も約2,000円と高めです。短時間で高収入が確実に得られるため、まとまったお金がほしいひとにはピッタリなんです。

しかし、夜の世界につきものなのがお酒。
「お酒が苦手だからムリかも」というかたもご安心ください。最近ではお酒が飲めなくてもOKな場所も増えているため、より働きやすくなっています。

ココからは、ナイトワーク未経験者でも安心して働けるお仕事を詳しくご紹介します。

初心者でも高収入!絶対に稼げるナイトワーク

ナイトワークのお仕事でパッと思いつくのがキャバクラという女性も多いのではないでしょうか。

最近ではテレビやYouTubeでも、ホストやキャバ嬢がピックアップされカリスマ的人気を誇っています。昔はなりたい職業にも上がらなかった夜のお仕事も、今ではやりがいも作れるとして人気の職業なんです。

そんなキャバクラですが、初心者にはお酒を飲んで男性を接客する以外にもどんなお仕事があるのでしょうか。

キャバクラは奥深い!人気キャバ嬢への道

キレイに身なりを整え、キラキラした店内で男性とお話をする華やかなイメージの強いキャバクラ。

しかしそれだけでは人気キャバ嬢にはなれません。
より短期間で高収入をゲットするためにも、指名はバンバンと取りたいものです。
人気キャバ嬢は、

・出勤日以外にもお客様にメールする
・営業メールはマメにする
・お客様の好みを把握する
・テーブルでは会話に集中させる

お客様を上手におもてなしできていないキャバ嬢のテーブルでは、お客様の視線もあちらこちらに行きがちです。接客が上手といわれるキャバ嬢は、いわば司会進行役。テーブルの会話を途切れることなく上手に回していきます。

短期間で高収入なら「風俗」

「バレなければ脱いでもいい」そんな女性へオススメしたいのが風俗のお仕事です。
一日の売上が2~3万円稼ぐことができるため、出勤日数が多ければ多いほど、高収入を得ることができます。

風俗といってもその幅は広く、本番が許されているのはソープランドだけ。
デリヘル、ピンサロ、おっパブではプレイの違いはあれ本番は禁止されているのです。

もちろんプレイ内容により時給はことなりますが、自分がどこまでOKなのかによって、お店を選ぶことができます。